洋式トイレのつまりを直す

洋式トイレでつまりが起こったら、まずは簡単にできるいくつかの処置を行います。自分たちで簡単に解消できるつまりかもしれません。ラバーカップを使ったり、何度か水を勢いよく流したりすることで解決できる場合もあります。万が一のために修理を依頼できる会社もピックアップしておきましょう。

■つまりが起こったときの対処方法

洋式トイレでつまってしまったら、まず異物を流してしまったかどうかチェックします。異物は排水管を傷つけることになるため早く取り除くことが大切です。そのまま放置しておくと排水管 水漏れが起こることもあります。家にラバーカップを常備しておくのも良いです。和式と洋式のトイレでは使われるラバーカップが違うので、購入の際に注意しましょう。
節水タイプのトイレを利用している場合、水量が少ないため、普通に使用していてもつまりが起こりやすくなる場合があります。たくさんのトイレットペーパーを一度に流したことによるつまりの場合は、少し時間を置いて流してみましょう。

■修理を依頼する

色々処置をしてみても、繰り返しつまりが発生することがあります。さらなる調査は業者に依頼することがおすすめです。
まず、トイレの修理ができる業者を探します。家のリフォーム工事会社や地元の工務店など、自分の住んでいる地域にたくさんの会社があるかもしれません。ホームページを探して、確認してみるのも良い方法です。
お客様の声やよくある質問のページを見て、どんな工事が得意なのか、実績を確認することもできます。

■まとめ
トイレのつまりが起こった場合、まず原因を確認します。異物を流していないかなど原因により自分で解決できるかどうかが変わってきます。ラバーカップを置いておくことや、便器のタイプを理解しておくことも大切です。
修理を依頼する際には、どんな会社があるのかを調べ、適切に対応してもらえるところを選びましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ