トイレのつまりトラブルがひどくなってきたら

トイレも長年使っていると、つまりが頻繁に起こることがあります。こういう場合は経年劣化が原因だと考えられます。トラブルが何度も起こる前に、対策を立てる必要があります。新しいタイプへの交換も視野に入れつつ、様々な情報を収集して判断しましょう。

■トイレリフォームを検討する

10年以上使っているトイレで排水管 水漏れを直したにも関わらず、ちょっとしたトラブルが起こっている場合があります。そういったケースでは、本体を交換したりリフォームを検討してみましょう。
自宅にあるトイレのメーカーや型番を確かめ、そのメーカーのホームページをチェックします。同じタイプで新しいものが発売されている場合が多いので、似た系統のもので、機能性に優れているものに交換することがおすすめです。また、同メーカーでなくても本体のみの交換ができる場合もあります。
ホームセンターや専門店にあるトイレ展示場に行って、実際に見て確認してみましょう。最新のカタログや、取り寄せができるトイレの情報を知ることができます。

■見積もりをとる

施工店やメーカーでトイレリフォームの見積もりを出してもらうことができます。本体の価格と工賃、今まで使っていたトイレの引き取り代などがきちんと含まれているかチェックします。消費税、交通費なども実際にかかる費用です。出張費や交通費、見積もり費用は無料の場合もあります。事前にどの項目に費用が発生するのか確認し、すべての費用が記載されているかどうかを確認します。


■まとめ
トイレのつまりトラブルを解決するために、思い切ったリフォーム工事を考えてみるのも一つの方法です。新しいタイプはどんなものがあるのか調べてみましょう。気になるものがあれば、見積もりを取って実際にかかる費用を具体的に算出してもらいましょう。その際いくつかの会社から同じ条件で見積もりをもらうと、より分かりやすく、比較したうえで選択することができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ