トイレの手洗い部分がつまりはじめたら

トイレで生じるつまりは、ほとんどの場合急に始まるわけではなく、だんだんとトラブルが起こってくることが多いです。つまりの原因を取り除いても流れが悪い場合や、つまりが続くようであれば修理や交換を考える必要があります。水道 評判を確認して業者を選択しなければなりません。

■手洗い部のつまり

トイレのつまりが起こる前に、手洗い部分がつまるという症状が出ることがあります。一般家庭で多く使用されているトイレはタンクつきです。タンクの上部に手洗い部が設置されているタイプがあります。
トイレの手洗い管から水が出ないときや、水がチョロチョロとしか流れなくなることがあります。トイレのタンク側のダイヤフラムやボールタップという消耗部品が、経年劣化により摩耗している場合、タンク内のトラブルにより水が流れなくなります。そうなると、タンクに給水されなくなるのでトイレ本体のつまりにつながります。消耗品を交換するとトラブルが解消されることがあります。

■新タイプを検討する

以前のトイレより、近年開発が進められているタイプの方が機能性も優れていて、コンパクトなタイプが発売されています。タンクつきのタイプでも節水タイプやエコタイプが出ています。タンクレスタイプなら本体と手洗い部が独立しています。
もし、つまりが続いたり長く同じトイレを使っているようなら本体ごと交換することも考えていくと良いです。水道 評判を近所の人や、最近新築で家を建てた人に聞いておくこともできます。時間をかけて情報を集めておくと実際に交換工事をするときに役立ちます。

■まとめ
手洗い部がつまってきたら、トイレ自体のつまりにも関係するためよく観察します。消耗部品を交換することで改善される場合もありますが、新しいタイプへの交換が必要な場合もあります。日ごろから工事について調べておくと、時間がなくなってバタバタすることなく、最適なリフォーム工事を行えます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ